活動報告

平成30年度 第四回SHARE-Qセミナー
(全学FD・SD) (2018.6.7)

平成30(2018)年6月7日(木)、伊都ゲストハウスにおいて「攻める評判! Reputation Management」をテーマに、第四回SHARE-Qセミナーを開催し、約40名の教職員が参加しました。

SHARE-Qセミナーは、本学のスーパーグローバル大学創成支援「戦略的改革で未来へ進化するトップグローバル研究・教育拠点創成(SHARE-Q)」について全学的な共有を図り、今後の取組の推進に繋げることを目的として開催しているものです。

第4回セミナーでは、大学の“レピュテーション”とは何なのか、またデロイト・トーマツからのコンサルティングの結果から見えた、世界レベルの大学として本学が取り組むべきことなどを紹介し、参加者間で共有を行いました。セミナーは荒殿理事(RMユニット長)による開会挨拶の後、廣瀬教授(レピュテーションマネージメント担当)からレピュテーションについてのプレゼンが行われました。続いて緒方副学長(SHAREオフィス室長)からコンサルティングの最終報告書の内容について紹介が行われ、QS分野別世界大学ランキングで昨年の24位から23位に順位をあげた工学研究院資源工学専門の渡邊公一郎教授(副理事)から資源工学分野での国際的レピュテーション向上に向けた具体的取組について紹介が行われました。最後に脇山副理事(広報担当)を含め、参加者による活発な質疑応答が行われ、山縣理事(広報担当)より閉会の挨拶が行われました。

本セミナーでは、今後もSHARE-Qの推進に関する様々なテーマを取り上げていく予定です。

 

-当日の様子-

SHARE-Q、RMseminar (web用荒殿理事)
荒殿理事

SHARE-Q、RMseminar (web用廣瀬)
廣瀬教授(レピュテーションマネージメント担当)    

SHARE-Q、RMseminar (web用緒方)
緒方副学長(SHAREオフィス室長)

SHARE-Q、RMseminar (web用渡邊副理事)
渡邊公一郎教授(副理事)
  
SHARE-Q、RMseminar (web用脇山先生)
脇山副理事(広報担当)

SHARE-Q、RMseminar (web用山縣理事)
山縣理事(広報担当)

SHARE-Q、RMseminar (web用全体)
全体の様子